採用支援とはどんな仕事なのか

採用支援という新しい分野の仕事が注目を集めているようです。主に経営コンサルタントや社会保険労務士など、会社の経営支援を行う事業所が取組み始めた仕事のようで、会社に代わって求人を出したり採用選考に携わったりする仕事です。今は求人媒体も複雑化しており、いかにして目に止まりやすい求人を出すかで集まってくる応募者も変わって来ます。更に1件の募集に対して応募が殺到する状況もあり、今までのように片手間では出来なくなって来ているのが採用業務です。そこで外部の専門家に依頼し効率良く採用業務を行いたい会社側のニーズに応じたサービスのようです。採用担当者が固定されることである程度一定水準の人材が確保出来ると期待出来ます。その一方で、人材採用という会社の根幹に関わる部分を外部に委託することに抵抗を感じる会社も少なくなく、どこまでメリットを訴えられるかが今後のポイントだと思います。

小さい子供がいる女性の採用支援は充実しているが

最近は小さい子供がいても女性も外で働く人が非常に増えています。なのでそういう女性の為に採用支援も充実しています。子供が小さいとどうしても子供が病気に急になって仕事を休まなければならない時が必ずあります。だれか預かってくれる人がいればいいのですがいない人もいるのでそういう場合は休んでも大丈夫なそんな求人も充実しているそうです。しかし、現実は本当に大変で確かにそれは充実しているのですがなかなか仕事の時間と幼稚園の時間との折り合いがつかない場合もありそれで働く事を断念する人もいるようです。採用支援が充実しているのは本当に助かる話ですが、やはり子供が1だけでなくて2人や3人いる家庭となると本当に働く事自体がすごく大変です。それでもみんながんばっているのでやはり女性はすごいなと感心してしまいます。私もこれから頑張ろうと思います。

良い人材を採るなら採用支援会社に相談する

中途で人材を募集することがあります。もちろん即戦力がほしいと考えています。急に優秀な人材が退職してしまったので、その補充をしたいと考えているのです。一番安く行えるところとしては、職安があります。こちらに求人を出しても無料です。しかし、あまり人の応募は期待することができません。こちらには、仕事を退職している人しか紹介できないからです。在職中の人が行う場合には民間の求人サービスを利用するしかないのです。優秀な人材を採用したいのであれば、採用支援会社に相談することがあります。その時の旬の状況などを知ってくれています。また、人材のパイプを持っていることもありますから、直接紹介してくれることもあります。コストとしてはかかることもありますが、非常に早く決まることもあるので、トータルで考えると安くなるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*