既卒の人はアルバイトから正社員を目指す

既卒の人はいきなり正社員を目指すとなると経験がないという事で採用をもらえる可能性がどうしても経験者よりも低くなってしまいます。そこで正社員になれるお勧めの方法がありますが、それがアルバイトから正社員を目指すというものです。もちろん自分が目指す職種で正社員の昇給ありという求人を探す必要がありますので、探すのが大変ですけどうまく見つけた場合は応募していくようにします。正社員の昇給ありですとアルバイト時代にしっかり仕事を頑張っていけば正社員になれる可能性がありますので、自分の努力次第になってきます。努力は必要になりますけど、きちんと仕事をやっていけば評価されますので正社員になれる可能性がふくらんできます。しかも正社員になった時にはある程度その会社での仕事が分かっていますから正社員になってからも問題なく仕事をこなす事ができます。

今では既卒のイメージも理由次第

バブル期からその後の就職氷河期にかけて、新卒と既卒というのは、比較にならないほど大きなハンデがありました。新卒の採用枠のほうが圧倒的に有利ということで、思うように就職活動がいかないときにはワザと留年するという学生もいたぐらいです。しかしそんなワンチャンスに賭けた時代も今は昔。大学を卒業していても現在では第二新卒という扱いや、既卒でも気にせず採用をしていこうという姿勢が中小企業を中心に広がっています。またそうなった理由をしっかり聞き、卒業してからの活動の理由に正当性や説得力があり、また逆に能力や技術があればあまり気にしないということが増えてきました。ちょうど浪人と現役の違いや、初婚と再婚にあまり偏見を持たなくなってきたと同じような感覚です。ただやはり1年やそれ以上の空白の時間は意味あるものでなければいけません。そこのイメージを払拭出来るアピールができるといいですね。

既卒者の就職活動は大変?

近年、不景気の影響もあってか、就職活動がなかなか上手く進まない人が少なくないようです。新卒という肩書きを失わないために、わざと留年する人も多いようですね。いわゆる就職浪人というやつです。我が国は、新卒至上主義なイメージが広く浸透していますので、無理もない話です。とはいえ経済的な問題等もあり、卒業し、既卒者として就職活動をする人もいるはずです。しかし悲観する必要は決してありません。このような形式での就職活動も、悪いことばかりではないからです。主に中途採用を狙う形になるでしょうが、最近は第二新卒と呼ばれる若い人たちを対象とした採用募集も増えています。しかし何かしら経験がある人達と戦わなければならないことも、紛れもない事実です。ですので、趣味でもアルバイトでもよいですが、何かしらのアピールポイントを作っておくことも大切です。